東京の消火設備・和光設計有限会社

の評判

防火対策・防火設備は建物に欠かせない設備です

人々が安心・安全に過ごせる建物の施工のために、東京を中心に消火設備の施工図・設計図の作成依頼を引き受けております。首都圏のお客様とのお仕事が多いですが、データがあれば作成ができますので、場所を問わず全国各地からのご依頼に対応いたします。

1/50の消火配管図や消火ポンプ室詳細図などは防火に関わる欠かせない設備ですので、一級建築士、消防設備士1~3類、一級管工事士の資格を生かして消防法に則った施工図・設計図を作成いたします。

各種消火設備の施工図・設計図のことならお任せいただけます

埼玉県志木市を拠点に営み、首都圏のお客様を中心にご依頼をいただいておりますが、対象エリアは首都圏に限らず、データがあれば全国各地からのご依頼に対応いたします。1/50の消火配管図をはじめ、消火ポンプ室詳細図、ブースターポンプ室詳細図、アラーム弁室詳細図、送水口・採水口廻り詳細図、屋内消火栓納まり図などの作成依頼を承っております。

このような防火・消火に関わる設備は、建物の中でも人命に関わる重要な設備です。初期消火や近隣の建物への延焼を防ぐために使われるので、万一の際にしっかりと機能できる設計を提案し、お客様の安心・安全をサポートする図面作成に重きを置いています。また、上記のような設備は、基本的に最初に施工されることが多いため、先行配管できる施工図を心掛けております。建物の消火・消防に関する専門的な知識を生かし、消防法の規定を満たした図面提供を行う会社として評判です。

アイソメ図や損失計算でより良い施工のサポート

アイソメ図作成、損失計算書作成のほか、VE・CDの検討もいたします。アイソメ図とはアイソメトリック図(等角投影図)のことで、ある一定の方向から見下ろしたような立体的な図形のことです。例えば部屋の配置図などでよく使われ、部屋の構造を立体的に捉えることができるため、建築現場などでイメージの共有がしやすくなります。また、建物にとってより効率的な施工を目的として、摩擦損失計算によるスプリンクラー設備などへのループ配管の検討や、建物の低層部分の圧力損失計算による配管サイズダウン検討も行っております。

VE(バリューエンジニアリング)やCD(コストダウン)のご相談も承ります。費用はそのままに材料や設計の見直しなどで価値を保ったまま建設コストを削減することがVEです。一方で、CDは価値の低下を前提として安価な材料を使用し建設越す炉を削減することです。予算に近づける提案として評判をいただいている手法です。

3DデータでBIM・CIM導入の現場に対応する取り組み

機器製作や建設現場などで使われる各種3Dデータの作成にも力を入れております。レブロ及びスケッチブックによる機器の3Dデータ作成は、部品同士の干渉具合や問題点の発見などがよりスムーズになると評判です。2Dの状態では左右上下から見た平面図から頭の中で組み立てるという作業を必要としますが、3Dならモデリングイメージが一目瞭然であり、これが最大のメリットと言えます。質量の計算や強度の確認まで行えるため、設計の段階で様々な「トライ&エラー」を繰り返せるのもメリットです。

建設現場向けとしては、Tf@Sによる図形登録(3Dデータ付き)もお任せいただけます。近年ではBIM・CIMを導入している現場が増えているため、Tf@Sによる図形登録を行い3Dデータ化に取り組んでいます。四角く表示される3Dを実際の形で3D表示されるようにしておりますので、完成イメージモデルを空間的に捉えやすくなります。