和光設計有限会社

建物の消火設備の図面を専門とし東京や全国に対応可能

新規の建物や改修する建物などの消火設備の施工図・設計図の作成を専門に行っております。各関連設備の設置については消防法により定められているため、一級建築士、消防設備士1~3類、一級管工事士の資格を持つ専門的な立場から法に則った図面の提供が可能です。

このほか、アイソメ図、損失計算書の作成、VE(バリューエンジニアリング)・CD(コストダウン)、機器の3Dデータ作成、Tf@Sによる図形登録(3Dデータ付き)などが可能です。

和光設計有限会社の特徴

消火設備の図面作成のプロフェッショナルとして営業中

1/50の消火配管図、消火ポンプ室詳細図、ブースターポンプ室詳細図、アラーム弁室詳細図、送水口・採水口廻り詳細図、屋内消火栓納まり図など消火に必要な設備の施工図・設計図のことならお任せください。建物の火災は、人命に関わる重大な事件です。できる限り初期の段階で火を消し止め、近隣の建物への延焼を防ぐためにこうした設備は欠かせません。大切な命を守るためにも、万一の火災に備えて、各設備がしっかりと機能することが大切です。私どもは、設計や施工の段階から設備の安全性や有事の際にきちんと機能することを念頭に置きながら図面を作成しております。

それぞれの設備は消防法により規定されているため、消防法に沿った施工案・設計案が必要です。一級建築士、消防設備士1~3類、一級管工事士の資格を持つ立場から専門的な知識と経験を生かして、それぞれの現場に最適な施工図・設計図の提供をさせていただきます。

アイソメ図・損失計算・3Dデータ作成にも対応いたします

アイソメ図作成、損失計算書作成、3Dデータ作成、VE(バリューエンジニアリング)・CD(コストダウン)のご依頼も承っております。設計図や仕様書、寸法など図面作成に必要データがあれば作成可能ですので、現場へ出向いたり直接対面で打ち合わせをしたりする必要がなく、全国各地からのご依頼に対応可能です。

私どもは、より良い設備が設置できるように様々な考慮をしながら図面作成いたします。例えば、スプリンクラー設備へのループ配管の検討、摩擦損失計算、建物の低層部分の圧力損失計算に配管サイズダウン検討などを行います。また、近年ではBIM・CIMを導入している現場が増えていることから、Tf@Sを使用した図形登録を行い3Dデータ化に取り組んでいます。三次元で捉えることで部品同士の干渉具合や問題点の発見などがよりスムーズになるメリットがあり、図面作成を通して安心且つ安全な施工をサポートいたします。