消防設備点検の義務とは

query_builder 2022/08/15
コラム
44

「消防設備点検は義務なのだろうか?」といった疑問を抱いていませんか。
「通常業務が忙しく、定期的に点検するのは難しい」と感じている方もいらっしゃるでしょう。
そこで消防設備点検の義務について紹介しますので、ぜひ内容をご確認ください。

▼消防設備点検の義務とは
建物の消防設備には、以下のような点検が義務付けられています。

・年2回の設備点検
・1年に1回または3年に1回の点検結果の報告

点検結果の報告を怠ってしまうと罰せられる可能性もあるため注意が必要です。

■なぜ消防設備点検は義務付けられているの?
消防設備点検が義務付けられているのは、安全のためです。
火災は建物に大きな損害を与えるだけでなく、人命にも危険を及ぼします。

いざという時に消防設備が壊れていると、大きな損害が出てしまう可能性があるでしょう。
安全に建物を使い続けるのであれば、必ず消防設備が機能している状態にしなくてはなりません。
人命や建物を守るためにも、しっかりと消防設備点検を行いましょう。

▼まとめ
各種消防設備は消防法に基づいて適切に設置して、定期的に点検する必要があります。
もし建物を建てるにあたり、分からない点や不安がありましたら、プロフェッショナルである消防設備士への相談がおすすめです。
埼玉県に拠点を構える「和光設計有限会社」では、消防設備士の資格がある一級建築士が図面作成を行っております。
消防設備の図面作成などがご入用でしたら、全国からの依頼に対応している弊社までお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 免振構造に対する消火配管の納め方(後編)

    query_builder 2021/10/18
  • 免振構造に対する消火配管の納め方(前編)

    query_builder 2021/10/10
  • 消火栓BOXの納まり

    query_builder 2021/09/06
  • 送水口の設置基準とは

    query_builder 2022/11/05
  • 送水口と採水口の違いとは

    query_builder 2022/10/03

CATEGORY

ARCHIVE