消火設備の一種であるスプリンクラーとは?

query_builder 2022/01/08
コラム
26

みなさんは消火設備と聞くと、何を思い浮かべますか?
おそらく消火器と答える人が多いと思いますが、他にもスプリンクラーという設備があります。
今回は、消火設備の一つであるスプリンクラーとは何なのかをご紹介します。

▼スプリンクラーとは?
スプリンクラーとは、天井に取り付けるタイプの消火設備です。
火災が起こっていることが分かると、警報を鳴らしながら水を放出するという仕組みになっています。

▼スプリンクラーの種類
火災用のスプリンクラーには、大きく分けて3つの種類があります。
ここからは、スプリンクラーの種類と特徴についてご紹介しようと思います。

■閉鎖型
ビルや病院、工場などの一般的な施設でよく用いられているのが閉鎖型のスプリンクラーです。
通常時には水の出口が閉鎖されているため閉鎖型と呼ばれます。
また、火災時には出口を解放して水を放出します。

■開放型
閉鎖型とは逆に水の出口が解放されている状態のものを開放型スプリンクラーと言います。
劇場や倉庫、化学工場などの火災が広がりやすい場所に設置されます。

■放水型
閉鎖型や開放型とは異なり、放水型は天井が高くて広いドームやデパートなどで使われます。
一斉に放水を行うので、天井が高くて広い場所に対応できるのが特徴です。

▼まとめ
今回は、スプリンクラーとは何かスプリンクラーの種類についてご紹介しました。
スプリンクラーの種類によって特徴が異なるので注意しましょう。
また、和光設計有限会社では、消火配管図など消火設備の図面を主に承っており、安心できる建設作業となるようなサポートをいたします。

NEW

  • 免振構造に対する消火配管の納め方(後編)

    query_builder 2021/10/18
  • 免振構造に対する消火配管の納め方(前編)

    query_builder 2021/10/10
  • 消火栓BOXの納まり

    query_builder 2021/09/06
  • 消火配管の材質には何が使われているの?

    query_builder 2022/07/01
  • 屋内消火栓設備の種類について

    query_builder 2022/06/15

CATEGORY

ARCHIVE